通信文化新報

第6741号

今週の主な記事

純利益1404億円  郵政グループの連結四半期決算
金融2社、運用の多様化を強化

地域活動こそが生命線 優勝は下館部会
茨城県連発表大会

郵政の未来を描こう 茨城県中堅・若手局長研修会

郵政新時代への道(62) 社風改革にはフロントラインの意見を
「100人プロジェクトチーム」が積極提言
座間駅前郵便局 佐藤正之局長

郵便局は生涯学習の拠点(第17回) 心のこもったおもてなし「ホスピタリティ」
聖徳大学名誉教授●福留 強

直球政論 人事の要諦は政権が目指す目的にあり
政治評論家●中村慶一郎

Financial Services and the Post Office A one-day conference exploring perspective on whether the USPS should offer financial services
金融サービスと郵便局 USPSは金融サービスを提供すべきか
〈続報〉アメリカに郵貯は蘇るか(第1回)
郵貯復活論が全米でブレイク
ジャーナリスト●星野興爾

お粗末な首相コピペ挨拶 言葉で勝負する政治家「出て来いや」
ジャーナリスト●二木啓孝

食 ニュースの水面下 夏いちごが食べられる観光農園が大人気
世界初「なつおとめ」を開発した湯本農場
ジャーナリスト●梅崎義人(131)

“協力体制”築き地域を守ろう 郵便局長と簡易局長が合同研修(因幡地区会)

結束行動で事業・組織の発展を 長崎県南部地区会「研修会」

2014年度事業表彰式 ●信越支社
●東海支社
●近畿支社

イギリス郵便の歴史(29) 植民地郵便などの規定も整備 1711年
郵便史家●星名定雄

富士山をきれいに 14年続くボランティア清掃(山梨県東部地区会)

自然と人が紡ぐ日本の原風景 但馬の“四季彩”展(兵庫県但馬地区会)

夏色イベント「水花火」 KITTEで開催

近特ソフトボール大会 雨中の激戦 滋賀中部が2年ぶりの優勝

フレーム切手 ●旧若松市制100周年記念
昔と今を結んで魅力を発信(北九州市連絡会)
●都筑区制20周年記念
未来都市の緑あふれる街並み(横浜市東部連絡会)
●20周年記念
関空全景を切手に(大阪府南部連絡会泉佐野部会)

サッカーボールを寄贈(神奈川県横浜市西部連絡会)

ポストコミュニティ(142) 地域の人たちと輪を広げる
小・中学生を対象にラグビー指導
新潟県/乙(きのと)局
伊藤了仁局長

イギリス紀行 Episode2 通信文化新報
北海道通信員
水口 忠(元網走郵便局長)

丸型ポスト珍百景 その9 取出口が様々なポスト
いしさんの丸ポスト写真館
管理人●石村 進一

ラジオ体操で九州・沖縄市長サミット 大分市で初開催 簡保加入者協会

竹中平蔵氏が果たした役割と新自由主義 ジャーナリストの佐々木実氏が講演

ジャーナリスト 安積明子のながた町通信 9月3日に内閣改造

コラム「春秋一話」

『暑い夏と元気な子どもの声』  「夕影に来鳴くひぐらしここだくも日ごとに聞けど飽かぬ声かも」(万葉集) 蜩... 続きを読む
通信文化新報からのお知らせ
  • 2014年5月26日ホームページをリニューアルしました!
  • 2014年5月26日通信文化新報電子版好評頂いております。
ページTOPへ